種田山頭火研究文献目録(徐々に増殖予定)

 

※「国文学 解釈と鑑賞」04年10月号に発表したものを底本とし、徐々に補足していく予定です。

      

       凡 例

 本目録は「種田山頭火を知る辞典」(平6・2、藤津滋生編、私家版)の「書誌」とその追補にあたる『山頭火文庫通信』(平8第一号以後続刊、山文舎)の「書誌」、村上護「山頭火文献案内」(『國文學』平7・1)、およびNII学術情報サービス、国文学研究資料館電子資料データベース、「国文学年鑑」を中心に参照し作成した。山頭火に関する膨大な文献のうち、単行本、雑誌等に掲載された研究参考文献を主として収録している。より詳しくは、非活字媒体まで含むほぼすべてのジャンルを網羅した「種田山頭火を知る辞典」および『山頭火文庫通信』「書誌」を参照されたい。おおむね他の文献目録の分類に準じているが、単行本、雑誌特集に所収の論文名は紙幅の都合上割愛した。同様の理由で副題を割愛したものがある。諒とされたい。遺漏、誤謬等があればご指摘いただければ幸いである。  

      全集・著作集  

定本山頭火句集                              昭46・10                彌生書房
定本山頭火全集 全七巻                        昭47・4〜48・8            春陽堂
山頭火の本 全十四巻・別冊二巻                   昭54・6 〜55・7           春陽堂
山頭火句集(覆刻版)                           昭58・12               ほるぷ出版
山頭火全集全十一巻                           昭61・9〜63・4           春陽堂
山頭火文庫 全十二巻・別冊一巻                   平元・4 〜2・7            春陽堂
山頭火大全                                 平3・2                 講談社
山頭火句集                                 平8・12                ちくま文庫
山頭火全句集                                平15・1                春陽堂
山頭火全日記・全書簡(オンデマンド版) 全九巻           平16・1                春陽堂

       単行本

俳人山頭火                大山澄太              昭24・10        大法輪閣
俳人山頭火の生涯            大山澄太              昭32・10        アポロン社(新装改稿 昭46・8 彌生書房)
俳人山頭火                上田都史              昭42・10        潮文社
放浪の俳人山頭火            村上護               昭47・2         東都書房
 (同書増補修正新装版「山頭火放浪記」 昭56・11 新書館。新装版「放浪の俳人山 頭火」昭63・8 講談社、平9・1 学陽 書房人物文庫)
山頭火を語る               荻原井泉水・伊藤完吾(共編)  昭47・8          潮文社
定住漂泊                 金子兜太               昭47・10         春秋社
人間愛慕                 大山澄太               昭48・5          彌生書房
山頭火の漂泊              小山栄雅               昭48・5          皆美社
いのちひとり−山頭火観照−     小野沢実               昭48・11         創造社(「山頭火とともに」ちくま文庫へ合冊)
種田山頭火−漂泊の俳人−     金子兜太               昭49 ・8         講談社現代新書
横しぐれ                  丸谷才一              昭55・3          講談社
山頭火の宿                大山澄太              昭51・6          弥生書房
井泉水・放哉・山頭火          上田都史              昭51・10         永田書房
伊予路の種田山頭火          鶴村松一              昭51・11         にぎたつ文庫
山頭火の秀句              上田都史              昭52・8           潮文社
流浪の俳人山頭火 松山時代の俳人と柿の会  鶴村松一(編著)  昭52・10          松山郷土史文学研究会
小説山頭火                上田都史             昭52・10          永田書房  (昭63・9改稿定本)
楽書山頭火帖               高藤武馬             昭52・12          筑摩書房
山頭火−境涯と俳句−         村上護               昭53・3           昭和出版
流れゆくものの俳諧           金子兜太             昭54・7            朝日ソノラマ
種田山頭火                松井利彦             昭55・3            桜風社
愛媛の自由律俳句史          鶴村松一             昭55・5            青葉図書
山頭火の道                大山澄太             昭55・7            弥生書房
山頭火の細道−追跡推考ノート−  木下信三              昭55・9            新評社
種田山頭火・人と作品(防長双書4) 又田 竹栖             昭56・4           東洋図書出版
生誕百年山頭火             大山澄太             昭56・10           春陽堂
山頭火終焉の松山           高橋正治編            昭56・3            創思社
浜松と山頭火               平松哲司             昭57・1            緑の笛豆本の会
山頭火人形と山日記          藤津滋生              昭57・4            檸檬社
山頭火と子供たち            仲村美代子            昭57・8            春陽堂書店
山頭火伝                 木下信三              昭58・9            古川書房
其中庵の山頭火             大山澄太             昭59・3             春陽堂
其中庵                   武重石火矢編          昭60・3            小郡教育委員会
山頭火句碑集              田中四郎編            昭60・6            防府山頭火研究会
芭蕉・藤村・山頭火           大山澄太              昭60・12           春陽堂
放哉と山頭火              本田烈                昭61・12           踏青社(平4・5 増補版)
放浪行乞                 金子兜太              昭62・12           集英社
詩の近代 朔太郎・山頭火       平田利晴             昭63・3             桜楓社
生死の中の山頭火           大山澄太              昭63・3             春陽堂書店
山頭火の俳句              村上護               昭63・12            本阿弥書店
どうしやうもない私−わが山頭火伝  岩川隆              平元・5              講談社
山頭火の風土               村上護              平元・6             本阿弥書店
山頭火                   早坂暁               平元・8             日本放送出版協会
漢詩による山頭火の世界        李芒                平元・9             春陽堂書店
山頭火句碑集第二集          田中四郎編            平元・12            防府山頭火研究会
山頭火の虚像と実像          上田都史              平2・2              講談社
山頭火虚像伝               木下信三             平2・2              三省堂
山頭火の世界               穴井太               平2・2             本田企画
わたしの山頭火              朝日新聞山口支局編      平2・6              葦書房
私の中の山頭火              中野真琴             平3・2              私家版
山頭火の世界               石寒太               平3・3             PHP(増補改題し「山頭火」平7・4文春文庫)
東三河における山頭火          鈴木折嶺             平3・4             豊川堂
一洵がゆく                 金本房夫              平3・8             青葉図書
山頭火の信濃路              森貘郎編             平3・9             板遊舎
山頭火を読む               前山光則              平3・12            海鳥社
自由律俳句とは何か           上田都史              平4・1             講談社
山頭火慕情                小玉石水               平4・1            潮文社
山頭火百二十句・道の空         村上護               平4・11            春陽堂
証言風狂の俳人種田山頭火      大橋毅                平5・ 1            ほるぷ出版
種田山頭火「草木塔」に見る笑い    岡田早苗              平5・4             近代文芸社
山頭火 自己放下の旅          藤吉秀彦編            平5・4             砂子屋書房
新潮日本文学アルバム種田山頭火  村上護・伊集院静         平5・6            新潮社
山頭火研究                植山正胤              平5・9             溪水社
種田山頭火とジェルマン・ヌーボオ   服部伸六              平5・12           宝文館出版
肥前路の山頭火              浅賀俊作             平6・8             オフィス・タック
山頭火の妻                 山田啓代             平6・9             読売新聞社
種田山頭火                 石寒太               平7・1             蝸牛社 
ひともよう 山頭火の一草庵時代    藤岡照房              平8・9             朝日新聞社
禅僧・山頭火                倉橋羊村              平9・8             沖積社
種田山頭火句碑百選 写真譜      田原覚・藤津滋生         平9・8            山文舎
あるく山頭火                 益田悌二             平10・4            私家版
種田山頭火の死生−ほろほろほろびゆく 渡辺利夫            平10・10           文春新書008
山頭火・虚子・文人俳句          斉藤英雄             平11・ 9            おうふう
山頭火 濁れる水の流れつつ澄む    朝枝善照             平11・9            春秋社
山頭火 その精神の風景         松尾勝郎              平12・1            おうふう
山頭火の句を憶測する          益田悌二編             平12・9            私家版

      専門誌・新聞等   

「種田山頭火ノオト」第一号        種田山頭火研究室         昭56・12(以後不定期続刊)
「雅利」第一号               木下信三個人誌           昭62・12 (以後不定期続刊)
「山頭火新聞」一号            ほうふ日報              平成5・ 11(以後続刊)
「山頭火文庫通信」第一号       山文舎                 平9・ 8(以後続刊)
「鉢の子」第一号              まつやま山頭火の会        平10・11(以後続刊) 

      雑誌特集・図録・遺墨 等

山頭火追憶特集号上         「層雲」308               昭15・12
山頭火追憶中             「層雲」30─9               昭16・1
山頭火追憶下             「層雲」30─10              昭16・2
山頭火追憶補遺            「層雲」30─12              昭16・4
山頭火特集               「嵐」                     昭37・12
山頭火特集              「文芸山口」80               昭47・8
放哉・山頭火の世界          「俳句研究」402            昭48・2          俳句研究社
創刊号特集=放浪の俳人山頭火 「俳句とエッセイ」              昭48・5
特集=山頭火             「俳句公論」                 昭49・12
特集=種田山頭火          「墨美」                    昭50・2
放浪の俳人 山頭火の世界    「別冊新評」111号           昭53・4 新評社(増補し単行本化「山頭火の世界」昭55・4 新評社)
俳人の書画美術第九巻「碧梧桐・井泉水・山頭火」  伊沢元美       昭54・7           座右宝刊行会
図録「種田山頭火展」                                昭56・10          毎日新聞社
特集=山頭火             「墨」42                   昭58・5芸術新聞社
山頭火特集               「大耕」                   昭59・10          大耕社
特集=山頭火の書「季刊書の歳時記」8号                    昭63・6           日貿出版社
今、なぜ山頭火なのか         「層雲」77−4              平元・4
山頭火読本               「別冊 俳句とエッセイ」6         平元・5月           牧羊社
特集=芭蕉・山頭火          「俳壇」                   平元・10           本阿弥書店
漂泊の俳人・山頭火と放哉      「太陽」                   平元 ・10          平凡社
山頭火と放哉              「鳩よ!」                  平2・3            マガ ジンハウス
図録「種田山頭火展」                                 平2・4            思文閣美術館
放哉山頭火特集            「層雲」                   平2・7
山頭火 詩と放浪           「毎日グラフ別冊」             平2・8             毎日新聞社
図録「山頭火の世界」                                 平2・10            読売新聞社
特集=放浪の山頭火         「鳩よ!」                  平4・1             マガジンハウス
精選山頭火遺墨集                                  平5・9             思文閣出版
特集=山頭火の詩と彷徨       「俳句α(あるふぁ)」           平5・秋号 
毎日新聞社 山頭火と放哉ー流転と遊戯  「國文学」40ー1         平7 ・1            學燈社
放浪の俳人山頭火の生涯      「俳句」44ー7               平7・7             角川書店
読本種田山頭火            「俳句現代」3─12            平12・12           角川春樹事務所

      論文(紀要等、単行本所収)

死の芸術―山頭火の道―          大山澄太   「文芸文化」4─7   昭16・7  
種田山頭火                   斎藤清衛  『俳句講座8』 明治書院  昭33・12
山頭火試論                   村上護   「愛媛国文と教育」  愛媛大学教育学部国語国文学会 昭44・6
山頭火について                半田礼子   「たまゆら」3  昭46・6
種田山頭火「草木塔」〈放浪〉         松井利彦  「解釈と鑑賞」38−3 昭48・2
山頭火断想                   東隆眞   「駒沢女子短期大学研究会報」7  昭48・3
山頭火の庵号について            高藤武馬  「義仲寺」 84  昭49・1
山頭火の行乞と庵住             福本良二   「神戸山手女子短期大学紀要」17  昭49・12
〈しぐれ〉の詩                  脇谷英勝   「帝塚山大学論集」9  昭50・3
種田山頭火                   松井利彦   「国文学」20─15  昭50・11
昭和初期の種田山頭火           上田都史   「俳句研究」42─6  昭50・6 
山頭火の句と人となり管見          小泉恒次郎  「土浦短期大学紀要」3  昭50・5 
山頭火ブームとそのゆくえ          島津忠夫   「俳句」24─10 昭50・10 
種田山頭火                   松尾勝郎   「国文学」21─2  昭51・2
山頭火の他界観                村上護    「芸文」8  昭51・11
昭和前期の種田山頭火           上田都史   「俳句研究」8  昭51・8 
山頭火論―彼岸花の句を中心に―    脇谷英勝    「帝塚山大学論集」18  昭53・1
山頭火の作品の特色について       西村登     「国語国文研究と教育」7  昭54・10
山頭火を追って                脇谷英勝    「帝塚山大学論集」30  昭55・9 
山頭火論―「ふくらう」の句を中心に―   脇谷英勝   「帝塚山大学論集」30  昭55・9
山頭火論―「蝉」の句を中心に―      脇谷英勝   「帝塚山大学論集」31  昭55・12
松井利彦著『種田山頭火』         貞光威    「名古屋大学国語国文学」46  昭55・7
山頭火についての断想           大山澄太   「季刊子規博だより」2─2  昭57・10 
山頭火論−『草木塔』に見る山頭火文学−  重岡律子  「国文橘」10  昭57・12
放哉と山頭火                 西村登    「国語国文研究と教育」11  昭57・10
母へ、そして「ふるさと」への回帰     岡田日郎   「解釈と鑑賞」48─7  昭58・4
放哉と山頭火                 石井保    「俳句」32─4  昭58 ・4
山頭火を追って(二)             脇谷英勝   「帝塚山大学論集」44  昭59・3
山頭火を追って(三)             脇谷英勝   「帝塚山大学論集」45  昭59・6
山頭火論|「ふるさと」の句を中心に−  脇谷英勝   「帝塚山大学論集」46  昭59・9
山頭火「永平寺三句」賛           浜田泰三   「学鐙」81─10   昭59・10 
自由俳句の表現 井泉水・放哉・山頭火  大竹 大三  「表現研究」41  昭60・3
山頭火を追って(四)             脇谷英勝   「帝塚山大学論集」47  昭60・1
種田山頭火研究−「山」を中心にして   金永 真奈美  「山口女子大国文」7  昭61・2
Germain Nouveau と山頭火         権藤南海子  「明治大学短期大学紀要」40  昭62・1
山頭火を追って(五)             脇谷英勝   「帝塚山大学論集」57  昭62・6 
熊本での俳人山頭火             浜田幸男   「熊本音楽短期大学紀要」12  昭63・3  
山頭火劇あれこれ              伊藤完吾    「層雲」76─11  昭63・11
山頭火そしてヌーヴォーの道を旅して   権藤南海子  「明治大学教養論集」209  昭63・3
子規・山頭火、そして「こんぴら小径」   池田隆     「ことひら」44   昭64(平元)
鈴木蜻郎宛て山頭火書簡         木下信三    「層雲」77−2   平元・2 
山頭火の世界                 山中鉄三    「徳山大学総合経済研究所紀要」11  平元・3
読みもの文学史・40『草木塔』       亀井新一     「高校通信東書国語」298  平元・12
雑誌探索68「地に坐る者」         紅野敏郎    「解釈と鑑賞」55─12 平2・12
放哉・山頭火特集               伊沢元美    「層雲」78─7   平2 ・7
訂補山頭火俳号考              渡辺三男    「駒沢国文」27   平2・2
山頭火書簡推考・上             木下信三    「層雲」79―7   平3・7
山頭火書簡推考・下             木下信三    「層雲」79―10   平3・10
喪郷と回郷―ふるさと考           鈴木康治   「独協大学教養諸学研究」27─1  平4・10
放哉と山頭火                 岡屋昭雄    「香川大学教育学部研究報告(第1部)」85  平4・3
山頭火の井月遍歴―附・六波羅霞松と井月   春日愚良子  「護法」1  平4・12
青木健作と種田山頭火           桑原伸一    「紫苑」23   平5・3
種田山頭火と自然―海を中心にして   橋本  直    「中央大学国文」36  平5・3
日向路の山頭火               山口保明    「宮崎県地方史研究紀要」19  平5・3
種田山頭火と私               井本農一     「俳句研究」60─9   平5・9
日本酒、山頭火               柿崎聡江    「書誌調査」93  平5・9
評伝・大正の俳人たち14種田山頭火  松井利彦   「俳句研究」61─2  平6・2
山頭火                     和田健    「地域文化研究(梅光女学院大学)」9  平6・2
山頭火                     佐藤泰正   「地域文化研究(梅光女学院大学)」9  平6・2
俳人山頭火の句における自然のイメージについて   松浦隆志   『身体像とこころの癒し』    平6・3  岩崎学術出版社
村上「渚の会」と種田山頭火の来訪   長谷川耿子  「俳句文学館紀要」8   平6・8
種田山頭火の読書遍歴          宮本正章    「宇部短期大学学術報告」31   平6・7
山頭火と放哉                上田閑照    「岩波講座日本文学と仏教」10  平7・5
すずめ(雀)と文学              脇谷英勝    「帝塚山大 学教養学部紀要」45  平8・8
種田山頭火 どう捉えるか         金子兜太    「国文学」41─3   平8・2
山頭火を追って(六)            脇谷英勝    「帝塚山論集」84   平8・3
山頭火と松山と一草庵           脇谷英勝    「青須我波良」52   平8・12
中也・賢治・山頭火             佐藤泰正    「中原中也研究」1   平8・3
山頭火論                   脇谷英勝    「帝塚山大学教養学部紀要」47  平8・11
山頭火・愚かな放浪者の自覚       村上護      「国語教室」62     平9・11
山頭火と「草鞋」と旅            脇谷英勝     「帝塚山大学教養学部紀要」48   平9・2
「萩」と文学                  脇谷英勝    「帝塚山大学教養学部紀要」49  平9・3
山頭火を追って(七)―良寛・井月をめぐって  脇谷英勝  「帝塚山論集」86  平9・3
山頭火と放哉―「自由律俳句」詩人と仏道(一)〜(三)  上田閑照  「禅文化」168〜170   平10・4、7、10
山頭火とソローにおける自然・人生・旅   新保哲    「大倉山文化会議研究年報」9   平10・3
WEEDS WE'D WED ― ENGLISH VERSIONS OF MORE THAN FIFTY HAIKU BY TANEDA SANTOKA  スコット・ワトソン  「東北学院大学論集(人間・言語・情報)」127  平12・11
種田山頭火「銃後」の構造        及川和憲    「二松」14  平12・3
池田遥邨に於ける山頭火句抄絵(その1)(その2)  岡村倫行  「京都教育大学紀要(人文 ・社会)」  平13・3
漂泊の哲学                 松本高志   「愛知女子短期大学研究紀要(人文編)」35   平13・5
漂泊者の条件               小田原漂情   「頌」17  平13・12
俳句発見(5)今日の俳人像       坪内稔典     「俳句研究」68─6  平13・5
種田山頭火研究―しぐれについて   高椋景子     「二松俳句」14   平13・7
山頭火と平泉                門屋光昭    「東北文学の世界」10  平14・3
「すすき(尾花)」と文学           脇谷英勝    「帝塚山大学人文科学部紀要」10号  平14・10
山頭火と「笠」の句             脇谷英勝     「帝塚山大学人文科学部紀要」12  平15・3
山頭火の絶対的な孤独          権藤南海子    『明治大学短期大学創立70周年記念論文集』  平15・ 3
特集・スキル 話し言葉と書きことば―新・言文一致のエクササイズ 放哉・山頭火・ 方代     坪内稔典   「国文学」48─12  平15・10                                                      

戻る

ホーム

Copyright - S.Hashimoto