俳句の創作と研究のホームページ  あなたは  人目の訪問者です。(1999年8月7日開設)

 

ここは橋本 直(はしもとすなお)の個人サイトです。俳句を中心とした研究・評論や創作を掲載しています。

更新記録

  

このページは現在更新を停止、徐々に倉庫化中です。最新の動向などは、  ブログTedious Lecture を御覧下さい。

・現代俳句協会青年部の活動について→青年部のブログ  協会の紹介ページ

俳誌「若竹」及びウェブマガジン週刊俳句に「俳句の自然―子規への遡行」を連載中。

 

近年の動向など

・2012年7月14日第22回彩の国ベガ俳句大会のシンポジウム「金子兜太の魅力」

(川口総合文化センター・リリア十一階大会会議室)にてパネリストをつとめました。

・2011年2月27日松山子規記念博物館で冬季子規塾「国語で俳句を教えるの―正岡子規から池田澄子へ―」にて、

講演 「子規、教科書に載る」と池田澄子さんとの対談 「『俳諧大要』から現代俳句へ」(司会 佐藤文香氏)を行いました。

『新撰21』に「田中亜美 雪の位相」作家小論Vintage1970」を寄せています。

 

過去の情報


「近代俳句の周縁」を「週刊俳句」に不定期連載

近代俳句の周縁1 〈豊かな時代〉の網羅主義  昭和八年刊改造社『俳諧歳時記』(第4号 2007年5月20日)
近代俳句の周縁2 80年前の俳壇総覧 昭和四年刊改造社 『現代日本文学全集38現代短歌集・現代俳句集』(第16号 2007年8月12日)
近代俳句の周縁3 俳句の断片的データベースあるいは大衆化する俳句 〜松本仁編・巌谷小波校閲『俳句表現辭典』(昭和6年)(第40号 2008年1月27日)
近代俳句の周縁4 日本の原風景の痕跡あるいは銃後の日常の記録 〜臼田亜浪・飯田蛇骨・富安風生・水原秋桜子共著『勤労俳句の鑑賞』(昭和21年3月)(第64号 2008年7月13日)
近代俳句の周縁5 二代目のレゾン・デートルあるいは「昭和俳諧の標準」 高濱年尾著『俳諧手引』』(創元社 百花文庫 昭和21年〈改訂版昭和48年新樹社〉)(第89号2009年1月04日)
近代俳句の周縁6 南洋の写生 井岡咀芳『南洋のたび 咀芳句日記』(昭和10年4月非売品)(第133号 2009年11月8日)


現代俳句データベースコラム執筆記事(備忘録的に)

春たのしなせば片づく用ばかり  星野立子

山陰や一村暮るゝ麻畠  藤野古白

枯木立月光棒のごときかな  川端茅舎

今の間のおういぬふぐり聖人去り  攝津幸彦

ヴァカボンドの群れの椅子にも散る桜  小泉迂外

我が寡言知る客安き夜長かな  喜谷六花

凧の空微塵もなかりふるさとは  大野林火

蜘蛛の囲にかかり蛍火はや食はる  山口誓子

ラガー等のそのかちうたのみじかけれ  横山白虹

暗闇の眼玉濡らさず泳ぐなり  鈴木六林男

色々の人々のうちにきえてゆくわたくし  成田三樹夫


仲間の情報など

・《叢書ウニベルシタス812》救済の解釈学 ベンヤミン、ショーレム、レヴィナス
現俳の畏友、田中亜美さんが法政大学出版局「叢書ウニベルシタス」から翻訳を出版されました。
個人的興味で言えば、汎世界的な智のモデルを仮定したときの、
俳句(に限らないけど)の詩性の位置づけとか、諸々の境界を見定めるのに参考になるかもしれない一冊。
まあ、そんなことより、知的刺激のありそうな分厚い内容の本です。
なによりも副題にある人々についての専門領域にとって学問的貢献度大。見習わねば。(
Amazon.comのレビューへ) 

               


Contents 


創  作

研  究



@鬼(更新停滞中)


種田山頭火文献目録

鈴木六林男文献目録

俳諧大要


プロフィール


リンクを張るときにはお知らせ下さい。文章や画像の無断転載を禁じます。著作権は筆者に、肖像権は被写体に属します。

@E‐mail  俳句や文章についてのご意見、感想など下記アドレスへお寄せ下さい。

haiku_souken@yahoo.co.jp

※バルクメール、ウイルス添付メール対策のため、ハイパーリンクを切っています。ご了承願います。



以下の皆様よりフリー素材をいただいております。

 

 

 

 

 

 Copyright - S.Hashimoto 1999ー2013